サイトマップ

審査に落ちるのはどんな時

カードローンは便利ですが、申込み時には審査があります。審査に落ちてしまうと契約ができません。審査が不安だという人は多いですが、結果は実際に受けてみないとわかりません。

 

申込み時には年収や勤続年数なども聞かれますが、年収が少ないから契約できない、勤続年数が短いから契約できない、とは限りません。借入れ可能な限度額には影響が出るかもしれませんが、カードローンは派遣社員やフリーターでも利用者がいます。

 

属性に気になる点があれば、まずは少額の融資から初めて、利用実績に応じて限度額を上げていくというのが一般的です。

 

それでは審査に落ちる人とはいったいどういう人なのか、この多くは今までの借入れ実績によって決まります。すでに他社複数で借入れをしている人の場合、新たなカードローンも含めて返済が出来るのかを警戒されてしまいます。また、過去にカードローンやクレジット支払いの遅れがある人も敬遠されやすいです。

 

ローン関連の契約が初めてであれば、審査はそれ程厳しくないのですが、過去の実績に問題がある人は注意が必要です。

 

これらの情報は信用情報機関に記録として残っています。それが申込みをするカードローンと別の会社であっても、過去の借入や支払の履歴はバレてしまうので、注意が必要です。

 

信用情報に問題があると大手消費者金融で借りるのは難しくなってしまうため、有名業者の大垣のアコムでの借入れも利用しづらくなります。

 

大手有名業者が利用できないとなるとサービス面で劣る中小の消費者金融しか選択肢がなくなってしまうので、信用情報には問題を起こさないようにすべきなのです。